日頃の対策で予防

掌の薬

クラミジアは感染したという自覚症状がほとんどない性感染症と言われているので、知らぬ間にパートナーにうつしてしまっているということもありえます。
大切な人を巻き込まないようにするためには、まずはうつさないための予防がとても大事なのです。
予防を心がけることによって感染するリスクを減らすことができます。
クラミジアに感染しないようにするためには、セックス時に必ずコンドームなどの避妊具を使用することがあげられます。
これはクラミジアに限らず他の性感染症の予防にもなり、使用することによってパートナーが望まない妊娠をしないように守ることもできるのです。
ただし、コンドームには使用期限がありますので、期限切れのものは使用しないように注意しましょう。

また、一度クラミジアに感染したからといって、二度と感染しないということはありません。そのため、また感染しないように完治した後も予防を行いましょう。
パートナーがクラミジアの病原菌を持っており、再び病原菌をもらってしまって感染するという可能性もあります。このように、パートナーなど限られた人から感染してしまう状況のことを「ピンポン感染」といいます。
もしも自分がクラミジアに感染したと気づいたのならば、パートナーと共に病院で検査を受けるようにしましょう。性感染症に感染してしまうと、体の免疫力が弱くなってしまうので、HIVに感染してしまう可能性が高くなります。
こうならないように常日頃からの予防をしっかりとして、何かしらの症状を感じたらすぐに病院に受診して治療を行いましょう。