薬で菌を死滅!

たくさんの薬

クラミジアに感染してしまうと、性感染症ということですので親しい人にも言いづらいものです。できることならば誰にも知られない内に早く治したいものですよね。
かといって手術で治すということはしません。治療薬を服用して体内にいる病原菌をなくしていきます。その時に活躍してくれる「クラビット」という薬が存在します。
クラビットには「レボフロキサシン」という一般名があるのですが、「Crave」という熱望する・待ち望んでいるという単語と「It」を合体して「CRAVIT」という待ち望まれた薬として名づけられました。
クラビットはクラミジアなどの性感染症をはじめ、気管支炎のような呼吸器感染症、さらに中耳炎や副鼻腔感染症などに処方されている幅広い感染症に有効な抗菌薬でもあるのです。
そしてクラビットは体内の各組織に移行しやすい性質を持っており、多くの細菌の感染症に効率よく治療を行える薬ともいわれています。
もちろんクラビットは体内にはずっと残るということはなく尿とともに排出されていきます。
クラビットはこれまで100mgを1日3回服用するという方法が主流となっていました。しかし、クラビットというのはどれだけ薬の濃度が高いかによって効果の出が違ってきます。
有効成分の量が多いほどクラビットが持つ殺菌力が高くなるため、現在では500mgを1日1回服用する方法がとられています。
反対に量が少ないものを服用し続けていると「薬剤耐性菌」が出現します。そのため、有効成分量が多いものを初めに服用して、病原菌に大きな一撃を与え、一気に全滅させる方法がとられるようになりました。