1回で撃退

葉っぱの上の薬

クラミジアをはじめ性感染症の原因となる病原菌を死滅させることに高い効果を持っているクラビットを紹介しましたが、他にもこれに効果がある薬として「ジスロマック」があります。
ファイザー製薬が販売している抗生物質であるジスロマックは、クラビットと同じ様にクラミジア治療の際に使用されています。
ジスロマックにはアジスロマイシンという有効成分が含まれています。この成分には病原菌のたんぱく合成を阻止する働きをします。そのため病原菌の増殖を抑えることができます。
アジスロマイシンは血中に取り込まれたあと、長時間にわたって効果を持続することができます。そのため、クラミジア以外にもマイコプラズマ肺菌や歯周病などの細菌性の感染症にも有効です。

有効成分量が多いジスロマックは、病原菌を一気に死滅させる効果を持っています。
ジスロマックを服用する時、一般的にはできる限り同じ時間帯で500mgを1日1錠を3日続けて服用していきます。
しかしクラミジアに感染した場合は、ジスロマック1000mgを1回だけ服用して病原菌を一気に死滅させていく方法をとることもあります。この方法によって約90%という高確率でクラミジアを完治することができるのです。
ジスロマックは食前または食後など服用するタイミングの指定は特にありません。しかし、食後すぐに服用してしまうと、稀に下痢や腹痛など、副作用の症状があらわれることがあります。
そのため食後に服用する場合は2~3時間の間隔をあけましょう。また、胃長が弱い人は、ぬるま湯と一緒にジスロマックを服用して内臓の負担を軽減しましょう。