• 日頃の対策で予防

    掌の薬

    セックスが大きなキッカケであるクラミジアでありますが、感染しないように常日頃から予防することはできるのです。全然面倒くさくありません。しっかり守って予防、感染したことがある人は再発しないようにに努めましょう。

    Read more
  • 薬で菌を死滅!

    たくさんの薬

    クラミジアなど性感染症に自分がなってしまったなんて他の人には言いづらいものです。そのためには早め早めの治療を行いましょう。その時に活躍してくれる「クラビット」という薬が存在します。

    Read more
  • 1回で撃退

    葉っぱの上の薬

    クラビットがクラミジアなどの病原菌を撃退する効果を持っているとわかりました。しかし、クラミジア治療にはクラビット以外にも「ジスロマック」という治療薬も使用されるのです。

    Read more

増加する感染者

束になっている薬のシート

あなたはクラミジアという名称を聞いたことがありますか?これは性感染症として知られており、正式名称は「性器クラミジア感染症」と呼ばれています。
クラミジア以外にも性感染症は存在しますが、クラミジアはもっとも感染者が多いといわれているのでご存知の方も多いのではないでしょうか。
感染する年齢層は男女ともに20代前半が多いようで、近年ではさらに若い10代でもクラミジアに感染する人が増えてきているのです。
クラミジアの病原菌となる細菌は、セックスをキッカケに体内へ入りこんできます。このクラミジアに感染してしまうと性器にかゆみを感じたり、痛みや違和感がでます。
女性の場合は、おりものの量が増えて、色や臭いに変化が出たら要注意です。放置してしまうと、どんどん進行してしまい、将来的に不妊症になる可能性があります。
また、女性のクラミジア感染者の5人中4人が感染したという自覚症状がないといわれております。男性のクラミジアに感染した人のおよそ半数の人も自分が感染したということに気づかないといわれています。
自分がクラミジアに感染したということに気づかないままパートナーへも感染を広げているケースも珍しくはありません。
デリケートな部分に痛みやかゆみなどの違和感があれば病院で診察してもらいましょう。
クラミジアに感染したら、もう治らないというわけではありません。しっかり治療を行えば完治することができます。
クラミジアの病原菌に高い効果を持つ「クラビット」「ジスロマック」という薬が存在します。
もしも感染していたら、クラビットやジスロマックで早めに治療しましょう。

クラビットの効果や服用方法を調べる